必見!【鼻炎・花粉症さん向け快眠グッズ】鼻水症状に併用がおすすめ!

巷にはいろいろが快眠グッズが出回っていますが、皆さんはどんなものを使われていますか?今回は、「鼻炎・花粉症が辛くて眠れない」そんな方に向けた、私・山田オススメの快眠グッズをご紹介します!

★睡眠時の鼻呼吸の重要さについては、こちらの記事をご覧ください↓↓↓
鼻は何に使うのか??(寝ているときの呼吸のお話)

1.お鼻に貼る「ブリーズライト」

はい、これはメジャーすぎますね。
でもでも、改めて紹介させて頂きます。

言わずと知れた、鼻に貼り付けて鼻腔を広げるテープ。
発売は2000年10月12日で、もう17年近くも経っているんですね。
でも、amazonレビューでいまだに★4つ前後をキープ。鼻炎の方、花粉症の方には定番商品になっています。

ただ個人的に少し気になるのは、貼り付ける位置のむずかしさ。適切な位置につけないと、効果が半減します。
初回で適切な位置につけるのは難しいかもしれません。使いながら適切なポイントを探っていきましょう。

2.お口に貼る「ネルネル」

ネルネル 21回用 (口閉じテープ) 三晴社

鼻炎さん・花粉症さんは、口呼吸になりがちです。

特に意識のない就寝時に鼻呼吸にするのは困難。寝てる間に口が空き、起きたら口内がパッサパサ。不衛生ですし、病気の予防にも不利です。
そんな時、鼻呼吸に強制的に切り替えてくれるのがこのテープです。

ただ、粘着力がそれなりに強いので、剥がすときはゆっくり剥がしましょう。勢いよくいくとその後ヒリヒリします。

因みに、貼るときもきちんと真ん中につけて、適度なテンションをかけた方が良いです。貼り方が弱いと、口呼吸しようとする力が勝って、口呼吸してしまいます。きちんとできているかどうかは、動画で就寝時の自分の顔をモニタリングするか、パートナーに見てもらいましょう。

3.「ブリーズライト」と「ネルネル」を併用してみた、その結果は!

ここまで2つのテープをご紹介しましたが、私が使う上でそれぞれ単体では問題点がありました。

〇ブリーズライト→
鼻は通るが、就寝時に呼吸を強制的に鼻呼吸にする能力はない。
〇ネルネル→
就寝時に呼吸を強制的に鼻呼吸にできるが、そもそも鼻が通りづらい

ん?まてよ?ならこの2つを一緒に使えばいいんじゃ… ということで、使ってみました。

画像引用元:amazon

おお!口呼吸にならないし、鼻も通る!
写真の人も気持ちよさそうですね。これは、なかなか快適です。目覚めが違います。
2つとも、安いテープではないので、コストがちょっと気になるところですが、充実した睡眠がとれるなら、値段以上の価値があるかもしれませんね。

4.鼻・口テープはお金がかかる・・・そんな方に、山田流!テープ代を節約する裏技

そうは言っても、やっぱりコストは消費者にとって切実なもの。
そんなアナタに、山田流節約術をお教えします。
それは、、こうです!!

こんな感じで、1度使用したテープを、適当な柱の角っこに貼り付けちゃいましょう!
山田調べでは、ネルネルは2~3回はこの方法で使えます!

一方、ブリーズライトは再利用がやや難しく、使えても2回までというところです。
ブリーズライトは柱ではなく、元のサヤ(絆創膏の包み紙みたいなやつ)に戻すことをオススメします。

結論

鼻炎・花粉症の寝づらさは、体験した人にしかわからない辛いものです。でも、鼻炎だから、花粉症だから…といって快適な睡眠をあきらめてはいけません。睡眠の質はそのまま生活の質につながるからです。

今回ご紹介したグッズに限らず、質の良い睡眠をゲットする工夫をして、質の高い生活を送りましょう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
この記事が気に入ったらシェア